金融における外資系会社への投資

日本の金融市場で世界中の金融商品に投資しようと思う場合、外資系の運用会社を選択肢から外すわけにはいかない。
例えば、外国のセクターまたは地域に投資しようとした場合、日本の運用会社で購入する商品は投資信託になる。
その投資信託は大方の場合、マザーファンドをもつファンドなので、投資信託経由で投資するよりも直接マザーファンドもしくはそれに類似するETFなりを購入したほうが手っ取り早くコスト面でも安くつく。
これらの投資対象は、株式のみならず債券、REIT、金など多岐にわたる。
その場合、海外のインデックスETFを購入するのがコスト面で見ても最も合理的な選択である。
そして、これを行おうとすると外資系運用会社から商品を購入せざるを得ない。

マイクロソフトを使いこなすには

外資系金融機関とFX取引の会社について

詳細はコチラから

FX取引の会社の1つにヒロセ通商があります。
ヒロセ通商は2004年に誕生した会社です。

株価変動の背後に外資の動き

詳細はコチラから

株式の取引市場が活況と呈しているようです。
全体として円安の影響が株高に作用していることは間違

外資系金融機関と邦銀について

詳細はコチラから

外資系金融機関の1つにドイツのコメルツ銀行もあります。
コメルツ銀行は東京に支店を持っています

外資系金融機関と邦人について

詳細はコチラから

書店に並ぶ本を読むと日本人でも外資系金融機関で働いていた人がいることが分かります。
野村雅道氏

スタッフの紹介

(1)金融 外資について

FX取引の会社の1つにヒロセ通商があります。
ヒロセ通商は2004年に誕生した会社です。

(2)金融 外資について

株式の取引市場が活況と呈しているようです。
全体として円安の影響が株高に作用していることは間違

(3)金融 外資について

外資系金融機関の1つにドイツのコメルツ銀行もあります。
コメルツ銀行は東京に支店を持っています