冬にキッチンが寒い時の対策をしたい

エアコンを設置するのは、リビングがメインです。
その他寝室、子供部屋などに設置することもあります。
リビングとキッチンダイニングが一つにつながるようなときは、広く暖房や冷房ができることもありますが、その分電気代はかかります。
効率的にするなら、リビングできちんと間仕切りをして、キッチンなどは自然の状態にしておいた方が良いでしょう。
すると、キッチンは夏は暑くて冬は寒い状態になります。
足元が寒くて、水仕事をしようとすると辛いこともあります。
この時に何か対策がないかです。
注文住宅であれば、キッチン部分に床暖房を入れることを考えてみましょう。
特に水仕事をする部分のみに入れておきます。
これだけで大分温かく過ごすことができるはずです。
新たに設置するのは大変です。
それ以外には、足元温風機の設置があります。
キッチンの足元辺りから温かい風が出るようになった仕組みです。
これを利用すれば、足元が冷えて困ることが少なくなります。
キッチンシステムの中にあれば、邪魔にもなりません。